歴史

1972 年、コマルカ (カタルーニャ地方の地方行政区)、Garraf の首都 (Vilanova i la Geltrú) にカステル チームとして誕生した Bordegassos de Vilanova (ボルデガソス デ ビラノバ)。黄土色のユニフォームをまとうこのチームは、8 段レベルのカステルをすべて成功させた後、9 段のカステルを成功させた唯一のチームです。さらに、1979 年には、最高部に初めて女児を起用し、8 段のカステルを成功させました。この 40 年は、ビラノバを本拠地として活動するこのチームにとって必ずしも栄光の日々ばかりではりませんでしたが、困難に直面してもその都度蘇り、今日も脈々と歴史を刻んでいます。

現存する資料によれば、Vilanova i la Geltrú は 3 番目の 9 段レベルのカステルが成功した地として歴史に登場します。1852 年、当時の Xiquets de Valls (本拠地バリュス) がこの地の夏祭りに 9 段レベルのカステルを成功させました。このときのカステルは 3 x 9 であったと言われています。ビラノバには、ボルデガソス前の時代にも常に熱狂的なカステル ファンの基盤があり、Xiquets de Valls や Nens del Vendrell など近隣のカステル チームを応援してきました。長い間、地元チームを持たなかったビラノバの人々は、招待チームを応援する形での参加を余儀なくされていたのです。しかし、独裁政権の終焉と民主主義時代の幕開けが近づいた 1972 年、様々な面で新しい時代を切り開くこととなる地元チームが満を持して誕生しました。早速、チーム名の由来からお話ししましょう。チーム名「Bordegàs」はカタルーニャ地方のガラフ地域以外では「荒くれ、悪党」など否定的な意味を持ちますが、ビラノバでは「青年、男の子、若者」など、肯定的な意味で使用されます。しかしながら、チームがカステル界に新風を巻き起こすことになったのは名前やシャツの色だけではありません。この新しいチームはカステルの解釈をも新たにし、カステルに新しい時代をもたらすことに成功しました。これは当時まだ普及していなかった女性の完全参加であり、その結果、カステル全体の軽量化という新しい概念を生み出しました。

初めての "carro gros (巨大な車)" と失われた 10 年


1979 年 10 月 28 日にボルデガソスの成し遂げた 4 x 8 の "Carregat" (訳注: カルガドと発音し、カステルを立ち上げ、最高部のカステリェーが手を挙げるところまで成功したことを指し、その後下層までが崩れずに全員が下りる "Descarregat (デスカルガド)" とは区別される) は当時のカステル界を揺るがす大ニュースでした。まだ歴史の浅いカステル チームがその当時の上限と考えられていた最大のカステルの構築に成功したからです。 しかし、さらに注目すべきことは、これほど大きなカステルの 2 段目、3 段目のメンバーが従来に比べると小柄で軽量なことでした。この新しい試みは瞬く間にカステル界に伝播し、他のチームで取り入れられ、さらに改良されて、より大きなカステルへと発展させるきかっけとなりました。

残念ながら、チームの成し遂げた前代未聞の偉業がチームをさらに高みへと押し上げることはなく、その後、不遇の時代を迎えます。民主主義の復活 によって政治的思想を理由にカステルへ参加していたメンバーがチームを去り、カステル自体を愛する人々のみが残りました。70 年代に 2 x 7 デスカルガド、4 x 8 カルガドを達成 したものの、80 年代は失われた 10 年とも言うべき不遇の時代でした。そして 1989 年、チーム創設記念日に 7 段レベル最高位のカステル、5 x 7 を成功させたのがこの 10 年で最 高の成果となりました。この厳しい時代 (チーム内では「寄り道の時代」と呼ばれる) を耐え抜き、当時のチームを分裂の危機から救ったのは「Cap de colla (カップ デ コリャ: チ ーム リーダー)」であるアルベルト サルバーニでした。彼は多くのカステリェーに認められ、愛された偉大なカステリェー (カステルを作る人) です。当時、彼とともに活動したカ ステリェーには、今もチームで活動を続けている人たちがいます。サルバーニは 1977 年にリーダーに就任、その後、間もなく最高記録となるカステルを構築します。そして、不遇の 時代を経て、1989 年のクリスマスの日、心臓発作で突如、この世を去ります。ボルデガソスは最もリーダーを必要とするときに、最愛の指導者を失ったのです。しかし、チームは立 ち上がります。その後、偶然にも多くの若い世代がチームに加わったことも重なり、シーズンを追うごとにチームは昔のかつての栄光の日々を取り戻すように、次第に好成績を残すよ うになりました。

Plaça de la Vila (市役所広場) で再び 8 段レベルのカステルを成功させたのは、それから 15 年後のことです。1994 年、ついに 4 x 8 を再び成功させ、その後数週間で 4 x 8 デスカルガドを達成。1995 年には 3 x 8、そして Pillar de 6 (1 x 6) を達成、順調に成果を上げた 2 年後、ペラ ギンボートがチーム リーダーに就任し、新しい技術レベルへと到達しました。その頃にはチームは十分な経験と知識を蓄え、メンバー数の増加や優秀な子供チームの結成などチームの快進撃が始まります。クラシック 8 (2 x 7、3 x 8、4 x 8) と 1 x 6 の演技がチームの基本形となった後、次のレベルである 2 x 8 folre (フォーラ) を雨の夏祭りで初披露。それから 2 か月後にはデスカルガドを達成しました。さらにはバルセロナのサン ジャウマ広場で初の Pillar de 7 folre (1 x 7 フォーラ) を達成。そしてその年のシーズンも終盤の 11 月、初の試みであった 5 x 8 デスカルガドを達成しました。この年、ボルデガソスは独自の練習施設を取得しています。

黄金時代


1999 はボルデガソスの黄金時代でも特に輝かしい年でした。チームはチームにとって最高レベルのカステルを繰り返し成功させ、チーム最高の演技を達成する 1 週間前には 4 x 8 agulla (訳注: agulla = アグリャは文字通り「針」のようにカステルの芯に Pillar (1 段に 1 人のカステル) を立てるもので難易度が高い) も演技リストに加わりました。同年 8 月 1 日、ボルデガソスは初の 9 段レベルを達成します。3 x 9 (カルガド)、4 x 8 アグリャ (デスカルガド)、5 x 8 (デスカルガド)、1 x 7 (デスカルガド)。そしてその翌月、同年のメルセー祭 (訳注: バルセロナ市の聖人を祝う祭りで毎年 9 月 24 日に行われる) で、幸運の女神がボルデガソスに再び微笑みます。この日、チームはついに 3 x 9 を成功させました。その後、間もなくしてチームは 4 x 9 を試みますが失敗に終わります。4 x 9 はチームにとって、広場で演技したものの一度も達成できなかった唯一のカステルとなっています。チームはすべての力を発揮しましたが、チーム メンバー数の限界という厚い壁が夢のカステルの前に大きく立ちはだかることになりました。

その後、チームは引き続き大型のカステルに挑戦しましたが、シーズンを追うごとに成功率は次第に低くなっていきました。そして 2002 年を最後に、5 x 8、2 x 8 の演技は姿を消します。2001 年の最後の演技では素晴らしい 5 x 8 と 3 x 9 (カルガド) を披露することができました。興味深いことに、2000 年のチーム創立記念日に達成した 3 x 9 はチームにとって、地元ので初のそして唯一の成功となっています。またこのカステルが他のチームも合わせて、20 世紀最後のカステルとなりました。その後、チームは引き続きレベル 9 を維持するために努力しましたが、2003 年以降はレベル 8 へと脱落、2006 年以降、4 年間には 8 段のカステルすら姿を消しました。過去の栄光と高レベルのカステルを維持しなければというプレッシャーが重くのしかかり、カステルを立ち上げるという純粋な情熱が萎えていくのがわかりました。この重苦しい流れを打ち破る必要がありました。チームが 8 段レベルを成功させてから 13 シーズン。 しかし、今、8 段のカステルを立ち上げるだけでは満足ではありません。8 レベルのチームに戻ることこそがチームの目標となりました。新しい栄光の時代を築くために。

現在...


2007 から 2009 年にかけて、チームの歩みはさらに一歩後戻りすることとなります。この時期、チームのレベルは 7 段に留まりました。市の大祭で 達成した 2 x 7 は単発に終わるものの、復活への兆しを感じさせました。2010 年にはカルガドのみではあるものの、4 x 8 を成功させました。2011 年当初は若干不安定でしたが、 ビラノバの大祭で成功した 2 x 7 の演技は多くの反響を呼び、若い世代がチームに加わるきっかけとなりました。リハーサルは回を重ねるごとに精度を上げ、遂に第 15 回アルベル ト サルバーニの記念日には 4 x 8 を成功させます。これはチームにとって 2006 年以来の快挙でした。また、偶然にもこの「carro gros (大きな車: 4 x 8 の別名)」は、チームに とって 100 個目となる記念すべきカステルでした (デスカルガド 85 回、カルガド 15 回)。この同じ日、チームのシンボル的カステルとなっていた 2 x 7 を成功させ、さらには、3 x 7 por sota (訳注: por sota = ポル ソタとはカステルを下から 1 段ずつ組んだまま持ち上げる通常とは異なるタイプのカステルを指す。難易度が高い。) をも成功させました。 このカステルについては 1998 年以来となるものでした。シーズン終盤のリハーサルではチームの最高のパフォーマンスを達成するためにリハーサルを繰り返し、遂に 3 x 8 がチー ムの演技リストに加わりました。

カステルとその他


ボルデガソスはビラノバ市民にとって、豊な社会生活を提供する場にもなっています。通常のカステルの活動に加えて、ビラノバのカーニバルでは最も活発な団体として知られています。さらに、ビラノバ市の大祭で開催される Manani Rock FM ミュージック イベントでも関連団体として参加しています。

次回の演技

Tarragona
土曜日 6 4 月
17.30h
参加チーム:  Sant Pere i Sant Pau, Jove de Tarragona i Castellers de la Il·lusió


13-04-2019
Andorra
17h


27-04-2019
Prèvia de Sant Jordi (Vilanova)
18h, pl de l'Assumpció


28-04-2019
Diada de Sant Jordi (Vilanova)
12h, pl. de la Vila


»日程表を表示«    »PDF ファイル«
»Google Calendar で表示«

次回イベント

イベントの予定なし

»日程表を表示«
»Google Calendar で表示«

会員になる

Twitter: @bordegassos